世界や日本をもっと知ろう!

What can U do? Skipwiseでできること

世界や日本をもっと知ろう!

世界や日本をもっと知ろう!

  • 国際日本学
  • アクティブラーニング科目

『国際日本学/Global Program for Japanese Studies』で世界と日本をもっと知ろう!

リーダーシップを持って、積極的に国際社会に関与・貢献できる人材=グローバル人材、skipwiseプログラムはそんな人材を育成するプログラムです。

skipwiseプログラムでは、 グローバル人材として活躍するための道しるべとして、「国際日本学」を設立しました。「国際日本学」は、グローバル社会で活躍するための素養を身に付けるために最適な科目を、バランスよく設定した学問です。

国際日本学は、日本文化や異文化理解を深める科目や、コミュニケーション主体の英語学習、国際インターンシップ、ボランティアなど、様々な学びのスタイルで構成されています。国際日本学で、語学力を磨き、さらには異文化理解を深め、自らの考えをグローバルな舞台で発信できる人材を目指しましょう。


詳しい内容はこちら

アクティブラーニング科目で、「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」へ

アクティブラーニング科目は、学生の皆さんが「自ら考え自ら学ぶ」科目のことで、千葉大学のウリの一つとなっています。授業は英語を主体として行われるため、英語を学ぶのではなく、英語で学ぶことができます。国際日本学のセミナー型・プロジェクト型科目は、アクティブラーニング科目で構成されています。

日本人学生と留学生が一緒に受講する科目や、海外で協定校の学生と一緒に学ぶ科目なども用意され、グローバルな環境で授業を受けることができます。

アクティブラーニング科目で求められる、自ら考えて学ぶ姿勢は、まさにグローバル社会で求められる人材像です。アクティブラーニング科目を学び、積極的に自分の意見を発信できるグローバル人材を目指しましょう!


「アクティブラーニング科目」って?

第1ターム、第2ターム
第4ターム、第5ターム

英語で行う -Japanese Studies-
日本の文化、社会、政治・経済、科学技術等に関する知識と理解を深める授業です。1学期を通して、英語で情報を収集し、様々な国の人たちと英語で意見交換をしてその理解を深めることで、自ら発信できる力が身に付きます。

二言語併用の -Japanese Studies-
日本の文化、社会、政治・経済、科学技術等に関する知識と理解を深める授業です。日本語と英語を用いて行われます。まだ、英語だけの授業では不安でも、臆さず英語でコミュニケーションができる自信がつきます。

集中
(8・9月、2・3月)
*授業は英語で行われます
海外協定校で行う授業 -Global Study Program-
千葉大学と海外の協定大学が連携して実施する、英語によるワークショップ形式の共同学習プログラムです。
ファクト・ファインディング、グループディスカッション、ミニプレゼンテーションから最終プレゼンテーションまで、文化的背景の異なる学生同士が小グループで共同作業を行い、積極的にコミュニケーションを図ります。
集中
(8・9月、2・3月)
*授業は英語で行われます
海外協定校で行う授業 -Global Field Work-
千葉大学と海外の協定大学が連携して実施する、英語によるフィールドワークの授業です。フィールドワークを通して、国際的なニーズや問題点について学び、幅広い国際協力、開発援助に対する理解を深めます。
集中
(8・9月、2・3月)
*授業は英語で行われます
千葉大学で行う授業 -Global Project Work-
日本の社会、文化、政治・経済、科学技術など、様々な側面から日本を英語で紹介する資料を作成し、プレゼンテーションを行う授業です。自らテーマと内容を決め、どのように紹介すれば文化的背景の異なる人々が理解しやすいのかなど、参加学生間で議論を行いながら授業を進めます。